カテゴリー

更新記事一覧

2017/12/21
採用システムの効果的な選び方を更新致しました。
2017/12/21
採用管理システムの導入と企業の相乗効果を更新致しました。
2017/12/21
人事採用を効率化する採用システムをお勧めしますを更新致しました。
2017/12/21
採用システム導入前の見積もりの重要性を更新致しました。

コストカット

求人のための採用システムを導入する前には、システムの詳細を確認しておくことは勿論、複数の業者で見積もりをとっておくことがおすすめです。導入をすれば、それだけで採用にかかる時間やコストを大幅に削減できると考える人も多いでしょう。しかし、それ以上に採用システム導入のためのコストがかかってしまったのでは、損をしてしまうことになります。
求人関係の採用システムの料金は、業者によって様々です。更に、業者によって異なるのがプランの内容です。求人から採用までの期間というのは、企業によって異なります。1年を通じて採用活動を行うこともあれば、一時的に求人を出すという企業もあるでしょう。一時的に募集をするために採用システムの導入を考えている場合は、数カ月のプランがあるかどうかを確認しておくことがおすすめです。
新卒採用と中途採用では、採用する人数の規模などが大きく異なることが殆どです。採用システムは、募集する人数などによっても料金が変わることがあります。こうしたこともしっかりと確認をした上、見積もりを出して貰い、比較検討をしてより良いシステムを選ぶことがおすすめです。良い採用システムを選ぶことができれば、しっかりとしたコストカットに繋がります。

人材をつなぐ

就職氷河期と言われた頃は過ぎて今では企業によっては人材不足に悩んでいる所が増えています。就職したい人も、出来るだけ自分の希望を叶える所を望んでいます。採用システムはそれをつなぐ役割を持ちます。
今は応募者がWebからの登録を行い、クラウドシステムでデータを管理する仕組みが出来ています。この採用システムは企業が求める人材に新卒希望、中途採用、パート採用と総合的に対応出来るので欲しい人材を採用出来ます。これまでの人事が行っていた色々な所から募集していた採用業務を一元化に特化することで費用なども押さえて効率化も期待できます。
また応募者、人事、面接官の情報が共有されることで分かりやすくなります。エクセルなどの集計作業には、多くの時間を割かなければなりませんでしたが、一元管理が出来る採用システムは進捗状況もワンクリックで分析出来るようになるため、応募者へのメール送信や面接の予約時間なども自動で行う事が出来ます。応募者もスマホを使って説明会や面接の予約を確認できるので便利になります。必要な人材を探す時間が減ったぶんだけ面接時間を多く取れ、それぞれの人物像を理解できるようになります。企業も良い人材が集まれば、会社の発展へのメリットは大きいと思います。

トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加