カテゴリー

更新記事一覧

2017/12/21
採用システムの効果的な選び方を更新致しました。
2017/12/21
採用管理システムの導入と企業の相乗効果を更新致しました。
2017/12/21
人事採用を効率化する採用システムをお勧めしますを更新致しました。
2017/12/21
採用システム導入前の見積もりの重要性を更新致しました。

様々なサービス

企業の採用活動をより効率的に行うために、採用システムの導入が望ましいです。採用活動は求人情報を公開するところから始まり、書類選考と応募者への連絡、試験や面接、合格者への連絡まで様々な行程があります。採用システムを導入する事で、こうした人事に掛かる作業工程の負担を減らすことができるだけでなく、求人活動に掛かる余計な経費を削減する事もできます。今は様々な採用システムがありますが、それぞれ異なる特徴があります。
例えば費用形態も業者によって異なります。月額いくらという固定のところもあれば、採用人数によって左右される出来高性のところもあります。また、提供するサービスにも違いがあります。応募者の管理や選考などを行うというのはどの採用システムでも共通することですが、それ以外に面接日程の調整、合格者への連絡などまで行うところもあり、その内容は採用システムのサービスによって異なります。
たくさんの機能が付いているというのはとても嬉しいですが、その分費用も掛かってきます。採用システムを選ぶ時は掛かる費用だけではなく、費用とサービスの内容を確認して企業が望むサービスが付加されているかもしっかりとチェックする必要があります。

効率的な人材採用

「より効率的に人材を確保したい」という時に便利なのが採用システムです。採用システムは企業が望む人材を募集し、その中からさらに人材を選別するという人事が行う業務を代行することで、採用活動にかかる様々な負担を軽減する事ができます。その中でも大きいのが経費の削減です。
採用システムの導入で、まず求人募集に掛かる広告費などを削減する事ができます。求人広告も1度で募集が集まればいいのですが、応募者が集まらない場合は求人情報誌やサイトなどに2度、3度と求人情報を掲載しなければなりません。この業務を採用システムに委託すれば、その都度掲載に掛かる費用も削減する事ができます。
また、人件費の削減も可能になります。採用業務はまず応募者の募集から始まり、書類選考や試験、面接、そして内定者への連絡まで多岐に渡る業務が必要となってきます。そのため、人事の業務を行うために人員をさかなくてはなりません。こうした人事に関わる人件費も、採用システムを導入する事で削減する事ができます。
このようなコストの削減は、企業自体の利益ともなります。また、スムーズに人材を確保する事でより業務も円滑に進むので、利益に繋がってくるでしょう。

トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加